So-net無料ブログ作成
検索選択

「祭り写真家・木村美津由紀」さんの写真展「和魂 − NIGIMITAMA - 」で熱い作品を観てきました♪ [イベント]

お友達の「祭り写真家・木村美津由紀」さんの写真展、

「和魂 − NIGIMITAMA - 」を観に行ってきました♪



50354.jpg


「和魂 − NIGIMITAMA - 」7月7日(金)〜13日(木)
10時30分〜19時、土・日・祝祭日11時〜17時(最終日は14時まで)
富士フォトギャラリー銀座」スペース3



すごい迫力! まずはその熱さに圧倒されます。
そして、躍動感!!!!! 力強さがひしひしと伝わってきます。

お祭りの音が聞こえてくるような、匂いが伝わってくるような、そしてお祭りを創り上げている人たちの呼吸までもがわかるようなそんな作品が展示されていました。

SNSでもウォールに木村さんの写真が流れてきて、いつも「おおお!」って唸らせてもらっているのですが、そんな中から選りすぐられたものを、しかも大きなサイズで(A0サイズ?)目の当たりにさせていただくと、本当に「圧倒される」という言葉が、ぴったりです。


50363.jpg


木村さんは現在、長野を拠点として、他県のお祭りも含め、あちらこちらでご活躍をされていらっしゃるとのことで、今回の写真展は下記の5部構成になっていました。

[かわいい]富山県射水市 江柱町獅子方若連中
[かわいい]長野県野沢温泉 道祖人祭り
(300年以上伝わる日本三大火祭りの一つ)
[かわいい]長野県飯田市 七久里神社 裸祭り
(700年にわたり五穀豊穣や無病息災を祈願、感謝する伝統行事。)
[かわいい]南信州の獅子舞たち 
[かわいい]長野県飯田市 遠山郷霜月祭り 程野正八幡宮
(国の重要無形民俗文化財に指定されている)


50375.jpg


「お祭り」と一口に言っても、火のお祭り、湯立てのお祭り、獅子舞などの写真が並び、様々な表現があって奥深いなぁなんて感じました。

多分、一つ一つの動作にも意味があって、そんなあたりももっと知りたくなります^^*



湯立てのお祭りの写真を観て、飛沫(お湯)が写真から溢れてこちらに飛んできているような気がして思わず「3Dとか加工していませんよね?」なんて質問しちゃいました(笑)。もちろん、していません。普通の写真なんです。


写真展の会場に訪れると、無料でお土産もいただけますヽ(´▽`)/
今回展示されている写真のパンフレットと、長野県南部、南信州発信の写真投稿フリーマガジン「フォトコミュニティー写真刊」をどうぞ! って♪ 


50402.jpg


木村さんは多分、会期中はいらっしゃると思いますので、お話することもできると思います。気さくな方なので、興味のある方はぜひ話しかけてあげてください(笑)。

撮影のこだわりポイントとか、フラッシュの色や度合いなどのテクニカルなお話も伺っちゃいました♪ 今までフラッシュはたかずに撮影する派だったのですが、表現が広がりそうなので、今度何かで試してみたいなぁなんて思い始めています(*´艸`)

私は7月8日(土)に行ったのですが、ひっきりなしに色々な方がいらっしゃって、中にはプロのカメラマンさん達も! 夫さんが「あ、◯◯さんだ」「◯◯さんだ」って結構よく知っていてびっくり。どんな写真を撮っているかまで知っていたようです。


写真に興味がある方、お祭りに興味がある方、お近くの方、カメラマンとお話してみたい方(笑)などなど、良かったら是非観に行ってください^^

木村美津由紀(きむら・みつゆき)さんのプロフィールはこちら


50373.jpg


(詳細はHPでご確認ください)
[次項有]http://photographer-mitsuyuki-k.com/

*今回の写真展は、会場内の写真撮影、SNSなどでの拡散OKとのことで、記事にあげさせていただきました。こんなに写真載せちゃって大丈夫かな?



+ + + + + + + + + + + +



スポンサードリンク





タグ:祭り 写真展
nice!(7)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 7

コメント 4

sig

こんにちは。
写真についてこれだけ書けるのは、ご自身がそれを見る目を備えている証拠。
お二人の趣味が合っているのも最高ですね。これからはストロボを使った面白い写真が見られるかも、ですね。
by sig (2017-07-09 10:07) 

うさ

>sigさん
コメントありがとうございました♪ (レスが遅くなり、すみませんでした。)
いえいえ、大したことは書けていません^^;;;;;
知らないことばかりなので、どうすればこんな写真が撮れるのかしらという素朴な疑問はわきますね(*´艸`)
そうですね。夫サンと共通のお友達でもあるので、こういう場所に興味を持って一緒に行くことができるのは楽しいですね♪ ストロボ編はまずは自分のカメラにどんなストロボがついているのかを知ってからじゃないとなので、このまま眠らせてしまう可能性も大デス(笑)。
by うさ (2017-07-12 01:53) 

suzu*

いつも読み逃げばかりでごめんね。
↑夜逃げ屋、じゃないよ( *`艸´)
プロだからこその躍動感なんだろけど
せめてその真似事でもできたら楽しいやろなぁ、なんてね。
静物は感性でどうとでも撮れるかもだけど
動くモデルさんは…
一瞬を捉えて尚且つ動きを持たせるんだからさ
そう言えば、今までたぁくさんの写真撮ってんけど
動きのあるモン無いよぅな…
単にカメラ技術がど素人なんだわなf^_^;)
まっ、イイか?
by suzu* (2017-07-14 19:23) 

うさ

>suzu*さん
こんばんは♪ 大変な中、コメントありがとうございます。
レスが遅くなってゴメンなさい> <

>プロだからこその躍動感なんだろけど
>せめてその真似事でもできたら楽しいやろなぁ、なんてね。

まさに私もそんなこと思いました。
とはいえ、やっぱり私は動くものは無理だわぁ〜(笑)。

多分、こういう写真を撮れる人って、被写体と一体になって呼吸を感じたり
動きも感覚的にどこかでわかっている人なんだと思います。
suzu*さんは、にゃんず達の動きと共に撮れちゃう人じゃないですか〜^^
by うさ (2017-07-20 23:47) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。