So-net無料ブログ作成

SHOGO SEKINE×日比谷花壇のクリスマス花飾りでクリスマス気分が盛り盛り! [Life Style]

今年も日比谷花壇さんのクリスマス商品を見せていただいたのですが、会場に足を踏み込んで目に入ってきたのは、まさにクリスマス・カラー! そんな中でひときわ美してく思わず惹きつけられてしまったアレンジメントがありました。


6653_top_new.jpg


真っ赤なお花たちと、ニューヨーク育ちのイラストレーター「SHOGO SEKINE」さんのポップなイラストや書体でありながら、シックな色使いのラッピングペーターが見事にマッチしていて、一気にクリスマス気分が盛り上がりました♪


072g.jpg
●SHOGO SEKINE氏がイラストにこめた想い

今年の母の日に続き、日比谷花壇さんとクリスマス・ギフト・コレクションのコラボです。
イラストコンセプトは「お花が欲しい!」ですって♪


50752.jpg

“”画像用1ピンク.jpg「クリスマスが近づいていることが感じられるように、グリーン、レッド、ゴールドのカラーリングで、もみの木や星、ダイヤなどのモチーフを散りばめました。僕はクリスマスに友人から花をいただき、友人の想いと花のパワーに元気づけられた経験があります。僕のようにクリスマスに花をもらえたら嬉しい人も多くいるはず。 そんな想いを “All I Want For Christmas Is A Lovely Flower” というメッセージにこめています。」


6843.jpg


SHOGO SEKINEさんのインスタ発信によると、これらのコラボ商品は、7月くらいから取り掛かられていたのだそうです。真夏にクリスマスの気分を持ち込むのが大変だったのだとか( ´艸`)

インスタでは、イラストと添えられる言葉の数々が日常的なことを言い当てるように、そしてそれがすごくプラス思考で優しくてキラキラしていて、時に考えさせられて…とっても素敵なんです!


6656.jpg


だから、思わずラッピングペーパーに書かれている言葉も探したくなります。

「Merry X'mas!」「HOLY NIGHT」「JOYFUL!」「Silent Night」…

SHOGO SEKINEさんの感性溢れる書体。私は仕事柄、書体(フォント)には少しは敏感な方だと思っていますが、SHOGO SEKINEさんの書体は、ちょっと懐かしい雰囲気だったり、見るからに楽しげだったり、表情が溢れていて、見ていて本当に楽しいです♪


6840.jpg


ネットショップでは、アレンジメントが並んでいますが、「Hibiya-Kadan Style」の店舗では、ポインセチアや、BOXの中に詰め込んだアレンジメントなどもあるようです。12月になると、更にリーズナブルな価格帯のアレンジメントなども増えるようなので、チェックしたいですね。「スノーマン・シュシュ・フルール」(3,780円)とか、すぐに売り切れてしまいそうな予感です♪
[次項有]SHOGO SEKINE × Hibiya Kadan Style 限定コラボicon



072g.jpg
●コラボアイテムのそのまま飾れるブーケ

ネットショップのコラボアイテムの中に「そのまま飾れるブーケ」というアレンジメントがあります。実はこのアレンジメント、先日の日比谷花壇さんのイベントのじゃんけん大会でなんと一番抜けをして、いただいてしまいましたヽ(´▽`)ノ

2つの真っ赤なガーベラがとても印象的で、黒っぽい中央へと向かうグラデーションがとても惹きつけられてしまいます。深い大人の真紅という言葉がしっくりきます。


6859_700.jpg


そんなガーベラを囲むようにグリーンの葉っぱ。赤と緑はクリスマスの定番カラーですものね。


6884.jpg


視野を広げていくと更に、ラッピングペーパーの赤、そしてSHOGO SEKINEさんのラッピングペーパーへと繋がってゆき、クリスマスのワクワク感、それでいて聖なる品位も忘れないこのレイヤーは本当に素敵です!


6876.jpg


これはもしかするとデザイナーさんの遊び心じゃないかなと思うのですが、横から見ると、グリーンをちょこっちょこっと飛び出させているのです。小さな小さなクリスマスツリーのように見えませんか?


6861_700.jpg


お日さまに透かして見ると、またそのグリーンや花びらの陰影がすごく美しい世界になりますね♪ これも生花だからこその美しさだと思うのです。

中央には優しい黄色系のスプレーバラ、その横には母の日以来のご対面?(笑)真っ赤なカーネーション、実もの、ゴールドのボールのオーナメントがあしらわれています。


6845_new.jpg


こちらはキャンドルの火のそばに置いた時の表情。↓


6898.jpg


大人の顔をしたガーベラさんは一段と艶っぽく微笑んでくれますね。

この「そのまま飾れるブーケ」が我が家に来た途端に、お家の中にはクリスマスの空気が流れ込んで来ました。そしてこの日から私の頭の中には「荒野の果てに」という賛美歌がぐるぐると周り始めました(笑)。

♪ Gloria in excelisis Deo(グロ〜ォォォォオ〜ォォォォオ〜ォォォォオ〜リア・イン・エクチェルシス・デ〜オ〜…(神に栄光あれ))

SHOGO SEKINE コラボレーション企画
「そのまま飾れるブーケ」¥4,644(税込)
ラッピングペーパー、オリジナルタグ、オーナメント(ボール)
重さ:約300g 高さ:約20cm 幅:約30cm


注意:生花の場合、凍結の怖れがあるため寒冷地は、以下の期間の配送が停止となりますのでご注意ください。
北海道:12月1日〜3月31日
青森県、岩手県、秋田県:12月15日〜3月15日
上記地域には、プリザーブドフラワーなどがオススメとのことです。

みなさんのお家にもいかがでしょうか? 一緒に私と歌ってください(笑)。
もっとこの商品を知りたい方、購入されたい方はこちらからどうぞ。[次項有]【日比谷花壇】クリスマス SHOGO SEKINE コラボレーション企画「そのまま飾れるブーケ」



072g.jpg
●そのまま飾れるブーケは手間なしブーケ

「そのまま飾れるブーケ」というのは、その名前の通り、届いたら花瓶も必要なしで箱から出してすぐにそのまま「ポン」と置いて飾ることが出来るブーケのことです。


6867_sonomama.jpg


自立するカップの中にお水の代わりとなる「エコゼリー」がたっぷり入っているので、お水を取り換えるという手間もかかりません。

エコゼリーというのは、お水の代わりにに入っていて、バクテリアの繁殖を防ぎながら、栄養不足にならない成分も含まれているというものです。


6911_624.jpg


開けてみました。↑
たっぷりとエコゼリーが入っていました。長持ちさせたい時には、2、3日に1回くらい、お水を少しさしてあげると良いようです。(今回、わたしはその注意書をみつけたのは、解体してからだったので、やっていませんでしたorz)

そんなわけで、自立する「そのまま飾れるブーケ」シリーズは、お花に慣れていない人や、花瓶を持っていない人には超オススメです♪


6647.jpg


クリスマス関連の「そのまま飾れるブーケ」はSHOGO SEKINEさんのラッピングペーパー以外にも、可愛いデザインのアレンジメントが用意されています♪

↑ 左は昨年の一番人気となった雪だるまさんヴァージョン「おめかしゆきだるまのブーケ」。右は今年からの新顔「冬うさぎのブーケ」。どちらもすご〜く可愛いくてこれだけでも迷いそうなのに、更に「くまサンタのブーケ」などもあったりします(日比谷花壇さんのページで探してね(笑))。(*´艸`)


その他のデザインをご覧になりたい方はこちらからどうぞ。
[次項有]そのまま飾れるブーケをもっと見るicon


追記
そのまま飾れるブーケは、真夏だとここまで持たないと思うのですけれど、この季節(11月)だとまさに「そのまま」で結構日もちします。ちょうど2週間後の姿がこちらです。 ↓


50850.jpg


真ん中のスプレーバラは枯れてしまったので抜いてあげた方が良いですね。ガーベラさんはちょっと微妙な感じです。カーネーションさんはもう少しだけ頑張れそうな状態かな? 飾っていた場所は玄関でした。暖房のあるお部屋に飾られる時はもう少し早めかもしれませんね。

抜いてあげようと思ったら、お花の部分しか取れなくて、結局解体してお家の花瓶に入れ替えました。


6919.jpg


少しでも飾る期間の目安にしていただければ幸いです^^*

「SHOGO SEKINE」さんとのコラボ商品を購入されたい方、もっと知りたい方はこちらのページへどうぞ。[次項有]日比谷花壇でSHOGO SEKINEとのコラボ商品を探すicon


SHOGO SEKINE
1983年東京下町で生まれ、子どもの頃はニューヨークで育ったイラストレーター。 ファッションイメージをベースに、タイポグラフィーや記号、図形等を自由に組み合わせたイラストをスタイルとし、雑誌・広告・WEB・アパレル・プロダクトなど様々な分野にてアートワークを提供中。




日比谷花壇_クリスマス特集_フラワーギフト




nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:blog

nice! 8

コメント 2

katakiyo

挑戦的な、ガーベラの表情が素敵ですね~
by katakiyo (2017-11-25 09:01) 

うさ

>katakiyoさん
ありがとうございます♪
>挑戦的な
素敵な表現! まさにガーベラが挑戦してきたように思います(笑)。

ガーベラって今まで特別意識したことのないお花だったのですけれど、こうして向き合ってみると、表情がすごく素敵でハマってしまいました(笑)。

by うさ (2017-11-26 20:10) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。